NAVIOS BLOG

NAVIOSはブラジル音楽が好きなメンバーが集まってできたバンドです。
ブラジルに伝わる美しい音楽を大切にする一方で、ブラジル音楽にこだわらないジャンルを超えたオリジナル曲を発表しています。
ぜひNAVIOS独特の音楽世界を楽しんでください。
<< スマイル | main | 自己弁護 >>
-
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.07.09 | | スポンサードリンク | - | - |
自画自賛

自画自賛/2011.9.17


演奏中、バンドでめざしているサウンドが出せている!という実感度が高い日があります。演奏後、「鳥肌が立った」「涙が出てきた」という言葉をかけていただいて、幸せ度もさらに高まりました。



音楽に携わる人間は、皆、その楽曲の持つ要素とその表現方法の相乗効果が最大限になるための、無限の組合せを探し続け、そしてまた表現方法に見合う表現力を求めて、旅しているようなものです。

NAVIOSは、その途中で、今、かなり満足のいくサウンドが出せるようになっているのを感じているところです。この先の道のりも果てしないことを、十分承知しながらも、方向があっている感じなのです。



ジャズドラムをやっている伊藤のお友だちが聴きに来てくれたので、細ジーニョのポジション周りを囲んでいるパーカッション群の中から、シェイカーを一つ取り、渡しておきました。

シェイカーにも、色々なタイプがあるらしく、友人は「これは難しい」とつぶやいています。


昨年だったか?のライブの時に、松田が、

「シェイカーの音がどこから聴こえるんだろうと思いながら演奏してたけど、あなたが弾いていたんですか。随分、刻みが正確でうまいですね。ドラムをやってるんですが?道理で、違うわけだ」と言ったのを聞いて、大喜びした友人ですが、今回またもや、松田が、

「細ジーニョがカホンを叩きながら、シェイカーも振るなんて、どんだけ器用なんだ?と思いながら演奏してたけど、シェイカーの音はいつぞやのあなたでしたか!」発言に、友人はまたまた、大喜びです。



休憩時間に友人は、細ジーニョに、大型のシェイカーについて扱いのコツを尋ねています。カホンの仕組みや、値段の幅や扱っているお店をきいて、自分も買いたいと、興味津々です。


すっかり、パーカッション仲間をゲットした気分になっている、細ジーニョは、次のステージで、驚くべき行動を取ります。

なんと、客席の友人に対して、「ハイ、ここで、シェイカー、スタート!」みたいな、サインを送っているのです。

こらこら…。

友人の方は?というと、細じーからの合図に合わせて、めちゃ真剣な顔で、振っています。


連携プレーにご満悦の細ジーニョはステージの最後に

「そして、もう一人のパーカッションはこーちゃんでした!」と紹介しました。



一番遠い客席は、モデル?女優さん?のように美しい方たちが陣取っています。「元…ちょっと前まで?…スチュワーデスさま」から「現役のフライトアテンダントさま」まで、並ぶと、なんだか、そこに、別世界があるようです。

そして、驚いたことに、そのグループのたった一人の男性は、はるか昔の人気テレビドラマ「スチュワーデス物語」の登場人物の「教官」のモデルになった人物なのだそうです。

風間杜夫に似てらっしゃるわけではありませんが、違う感じのカッコイイ!方で、ましてや、当時ならば、風間杜夫よりイケメンさまであったろうと想像しました。

そんな方たちから、芝理絵と伊藤はステキなブーケをいただき、感激しました。



年内は、

11月12日(土)19時スタート

12月10日(土)19時スタート

です。ぜひ聴きにいらしてください。


All Photos by 会長さん


2011.10.21 | 17:31 | navios | comments(0) | trackbacks(0) |
-
スポンサーサイト
2018.07.09 | 17:31 | スポンサードリンク | - | - |









http://navios.jugem.jp/trackback/92
ピックアップ
最新コメント
カテゴリー
ライブのお知らせ
ただいま予定がありません。
リンク
トラックバック
プロフィール
<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
過去の記事