NAVIOS BLOG

NAVIOSはブラジル音楽が好きなメンバーが集まってできたバンドです。
ブラジルに伝わる美しい音楽を大切にする一方で、ブラジル音楽にこだわらないジャンルを超えたオリジナル曲を発表しています。
ぜひNAVIOS独特の音楽世界を楽しんでください。
<< ドキドキ&ハッピーライブ/2009.11.7 | main | カーニバルの季節 >>
サマー・クリスマス/2009.12.12
JUGEMテーマ:音楽
今年も、ブラジリアン・クリスマスソングを楽しめる季節がやってきました。クリスマスソングが、キラキラと雪のイメージを持ったまま、南半球の青い空と海にも似合うサマー・クリスマスソングに変身します。

六本木けやき坂

六本木毛利庭園

六本木通りのブティック

六本木通りの花屋

六本木交差点


細ジーニョ「今夜は、ポルトガル語のクリスマスソング…お馴染のクリスマスソングとはかなり雰囲気が違うのではないかと思いますが…で、スタートしました。1年に1度しかできないのが勿体ないと思うほど、ボサノヴァが合うクリスマスソングがたくさんあるので、お楽しみいただきたいと思います。



細「今年も、このステージのクリスマスの飾りやイルミネーションがきれいですよね〜。私も、ボーカル用譜面台を飾ろうと、マイ・イルミネーションを持ってきてみました。くやしいけど、自分のより芝理絵の方が、かっこよくデコレートできちゃいました。…で、この光のしくみはなんて言うんでしたっけ?」
芝理絵「ハッコードーダイオードー」
細「…二度手間みたいな感じで良いですね〜…雰囲気だけ合ってます…が、発光ダイオードですね。消費電力などコスト的にも画期的な発明なんですが、この発光ダイオードの中でも、青色のものは、日本人が開発して話題になりました。それが、こうしてクリスマスのイルミネーションとか信号機なんかで活躍しているわけですね」



2ndステージは、ギターのソロ曲でスタートです。
松田「最初に1曲、ギター曲を聴いていただこうと思います。スペインの作曲家でありギター奏者であるタルレガの作った『アラビア風奇想曲』という曲です。タルレガの作品は『アルハンブラの思い出 』が有名ですが、他にも良く知られているメロディがたくさんあります。作品名には女性(さまざまな)の名前がついているものも多くて、晩年まで、曲を書いて女性に贈り続けたそうです」



細「演奏が難しそうな曲でした。高尚な空気が漂って、なんだか、あとがやりにくいですね。…ガラリと雰囲気を変えて、メル・トーメの『ザ・クリスマスソング』からNAVIOSの演奏に戻ります」



先月楽しく酔っぱらってくださったお客さまが、予告通り再びお顔を見せてくださいましたが…なんだか、神妙な面持ちで、ワインを飲んでいます。ブログでご紹介した楽しい発言は、何も覚えてないのだそうです。伊藤が「英語もしゃべってましたよ」と言うと、本当にびっくりしたようすで、ますます、注意深く飲んでいます。周りはがっかりして、皆で「先月の酔っ払いさんは、楽しくて大ウケだったから、もっと飲んでみて〜」と頼みましたが、却下されました。
元々は、独りで静かに集中して音楽を聴くのが希望なのだそうです。松田の作曲と芝理絵の歌声の組み合わせにとても感動くださって「涙が出た」そうです。何よりのお言葉をいただいて、とても幸せな気持ちで、今年最後のライブを終えることができました。


All photos by 会長さん

今年も、皆さまの温かい支えをいただけたことを、心から感謝しております。
NAVIOSの音楽が、また新しい世界へ進んで行けるよう努力して参りますので、新しい年も変わらぬ応援をよろしくお願い申し上げます。皆さまが、良い年を迎えられることをメンバー一同お祈りしております。ありがとうございました。


次回は1月30日(土)7:30スタートです。
2009.12.22 | 17:40 | navios | comments(2) | trackbacks(0) |
-
スポンサーサイト
2018.07.09 | 17:40 | スポンサードリンク | - | - |
『たまには、のんびり独酌で・・』というキャッチコピーを見つけ、惹かれた。
『たまには、のんびりノチェーロで・・』も良いかと思い、初めて独りで出かけみた。

折角のクリスマスライブをソフトドリンクというのもどうかと思い、赤ワインにした。あの日以来1ケ月ぶりのアルコールだ。
ライブは良かった。理絵さんが雪の精の様な真っ白な衣装で、目も耳も楽しませてくれた。

>松田の作曲と芝理絵の歌声の組み合わせにとても感動くださって
というのは、「モザイク通り」の誕生秘話を聞いた事があって、理絵さんが歌う事により、こんなにイメージが変わるのか・・という歌唱力の威力に感動した、という事で、

>「涙が出た」というのは、いつもにも増してあの日の「フーア ド モザイコ」が良かったからだ。
前半はサマー・クリスマスソングという明るいバージョンで盛り上がり、後半はしっとり欧州のクリスマスのイメージで心地よく聴く事が出来た。

アラビア風奇想曲・・繊細なアラベスク風のメロディが美しい。スペイン人の作品でありながら、東洋的な響きを感じ、抒情的な物悲しさが女性の心をグッと捉えるのでしょうね。ダイヤの指輪と音楽のプレゼント・・私は後者を選びます。

六本木駅から一目散で芋洗坂を駆け下りたので、六本木の街のイルミネーションがこんなに美しかったなんて・・知らなかった。まぁ〜ナビオスの音楽聴いて、心のLEDライトが明るく点灯したので良しとします。

また来年、よろしくお願い致します♪
| 酔っ払い | 2009/12/23 11:59 AM |
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 2010 新年おめでとうございます!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ことしもよろしくお願いいたします。

さて
年末年始、好例の即興の曲でご挨拶させていただきます。^^

♪ Bad Year 2 ♪
http://pocolin.studio-web.net/mp3/data/badyear2.mp3

また東京行くときはライブに合わせますからネ〜〜 ♪
                    bunta
| bunta52 | 2010/01/02 2:25 AM |









http://navios.jugem.jp/trackback/80
ピックアップ
最新コメント
カテゴリー
ライブのお知らせ
ただいま予定がありません。
リンク
トラックバック
プロフィール
<< August 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
過去の記事