NAVIOS BLOG

NAVIOSはブラジル音楽が好きなメンバーが集まってできたバンドです。
ブラジルに伝わる美しい音楽を大切にする一方で、ブラジル音楽にこだわらないジャンルを超えたオリジナル曲を発表しています。
ぜひNAVIOS独特の音楽世界を楽しんでください。
<< 「カフェギャラリー・シャイン」ライブのお知らせ | main | 夏の始まり >>
-
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.07.09 | | スポンサードリンク | - | - |
与野を熱くするはずが…
与野の夏ライブ/7.22
 さいたま市・与野駅すぐのレストラン「カフェギャラリー・シャイン」で催されているマンスリーライブにおじゃましました。
 先月は、落ち着いたたたずまいのレストランにぴったりのチェロ&グランドピアノのデュオだったそうで…クラシカルな要素も大切にしているNAVIOSとしては、しっとりした良い流れに乗せていただいたわけですが…ライブが進むにつれ次第にリズムは熱くなり、ヴォーカリストたちのヴォルテージは上がり…店内のお客さまはもちろんのこと、ガラス張りのレストランの外を通る方たちも立ち止まって楽しんでくださいました。…熱いライブで暑い夏を呼ぶことができたでのしょうか?



 与野と言えば、2003年春に、大宮市や浦和市と合併し「さいたま市」となった所で、与野駅の周辺はすっきりと整備され、新しくきれいな街並みが広がっています。都内から離れたイメージがありましたが、世田谷を環七で出発した車は1時間と少しで到着することができ、「道が空いた時間帯だったら、半分の時間で行けそう」…と驚きました。会長さんも、「なんだ、六本木に行くのより10分多くかかっただけで着いちゃったよ!」…と、さっそく、レストランの外観をカメラに収めてくださっていました。


 六本木より、はるかに所要時間が短かったのが、川口にお住まいの副会長さん。キレイな奥さまと可愛いお嬢さんとご一緒に来てくださいました。

恐るべし…五歳の少女
 副会長さんの愛娘マユちゃんは、まだ、幼稚園の年中さんだというのに、芸術的な平仮名とお絵書きで、可愛い手紙を書いてくれます。テーブルの上に便せんやらペンを取り出して、真剣な面持ちで何やら書き終えると、シールでベタベタに封をして、私たちのところへ走って来ました。
 芝理絵宛の手紙には「びじょとやじゅうをやってね」と書いてあります。そうそう、マユちゃんはディズニー映画大好き…6プリンセス(シンデレラ、白雪姫など)の中でも一番のお気に入りが「美女と野獣」のベル姫でしたっけ。可愛いリクエストを確かに承り…NAVIOS自慢のツインボーカルを披露できました。ありがとう。
 伊藤宛の手紙には…おおっ「おともだち」と書いてある。「この子は、私に友達がいないことを知っているんだろうか…勇気のある5歳だ!」と嬉しさに涙ぐんだのでした。ありがとね。



恐るべし…NAVIOSつう
 いなちゃんが、病気から復帰治療中のエーデルさんを誘って車で来てくれました。六本木に来てくださった時から格段に顔色も良くなり、お元気そう。薬等は続けているものの、毎日、何キロもウォーキングを続けられるようになったそうで、明らかにその効果が顕れているようでした。
 なぜか、このお二人、ステージの端寄り、キーボードの近くのテーブルを陣取ってます。ステージが進むにつれ、伊藤は驚いた。NAVIOSのオリジナル曲は全部、一緒に口ずさんでいるエーデルさんの口パクが見えます。だって、NAVIOSの曲って、ほとんどがポルトガル語…あげくのはてにはテツ語(松田が作った音節の並び…深い意味がありそうで…実は本人もよくわからないらしい)も混じっているんですよ。エーデルさんがドイツ語や英語に堪能なのは知っていたのですが…それにしても、よほど、CDを聴いてくださらないと…サビだけなんとなく歌える、なんていう聴き方ではなく最初から最後まで覚えてくださってるなんて!…本当にNAVIOS通でいらっしゃる。お元気そうな姿と、NAVIOSを応援してくださっているお気持ちに、またまた感激しました。


All photos by 会長さん
ギャラリーの展示物にメンバーが写っているのがわかりますでしょうか?

恐るべし…冷夏を呼ぶ男
 細ジーニョは、音響チェック、リハーサルの時からゴキゲンです。あまり広過ぎず、フローリングの反響が得られる会場では、全体の音質、何よりも自分の声の返りが良いので、気分良く歌えるからです。今回は、コツさんが機材を持って音響に駆けつけてくれたので、バランスも良く、安心して歌えます。案の定、1ステージ目から、ヴォルテージが上がってきました。つられて芝理絵も、今年始めの「のどのトラブル」からの完全復帰を感じさせる声量を披露。
 しっとりとしたボサノバから始まり、軽快なブラジルやスペインのリズムへ。徐々に会場がノッてきた所で、お客さまたちにミニマラカス(フィルムケースにきれいなビーズを入れて作った芝理絵お手製シェーカー)を配って、細ジーニョが軽く打楽器演奏指導をしようとリズムを出したところ、何も説明する前に与野のお客さまは見事に合わせてリズムを刻んでくださいました。こうして会場が盛り上がってくると、誰も細ジーニョを止められません。
 1ステージを終えて少しの休憩時間に、下戸だらけのNAVIOSメンバーはウーロン茶をいただいて、レストランの外にテーブルや椅子を置いた気持ちの良いスペースでくつろいでいました。そこへ、お店からいただいたビールのジョッキを片手に、満面の笑みをたたえた細ジーニョがやって来ました。メンバー一同「あ〜あ、飲ませちゃった!」
 ほど良いアルコール充電をして2ステージ目をスタートした、ノリノリ細ジーニョは、ますます気持ちよく熱唱。ここのところ、山ちゃんが居なくなった状態のサウンド作りにとまどっていましたが、自前パーカッションを工夫するのも板についてきて、最近では一番の活躍でリズムを出すのと歌とを、うまく融合させていました。ただし、1曲終わると、息切れするのか、お客さまへのシェーカー協力要請を強化しようとします。「みなさん、休もうとしちゃダメです!」そして、息を整える時間を確保しながら、曲の合間に陽気におしゃべりするのは良いのですが…オヤジギャグを連発してる。自分で自分のギャグに凍りつき「あ、寒い…なんで、この辺りだけ凍るような寒さ…」と言いながらも、与野のお客さまたちがウケてくださるので、ゴキゲンでしゃべってます。
 お店の方が、楽しい音楽をみなさんにも聴いていただかないと勿体ないと、レストランのドアを開けていたそうで、いつの間にかレストランの外にも立ち止まって聴いてくださるオーディエンスができていました。演奏が終わると、お店に入ってきて、CDをお買い上げくださる方がいたのには、びっくり…嬉しくて、細ジーニョはいつものように押し付けサインをしていました。
 片づけの後、レストランやお客さまからの差し入れで、お寿司やら大量の餃子をいただきながら、与野の方たちと楽しい交流ができた余韻を噛みしめていると、細ジーニョが、「しまった『ここカフェレストラン・シャインのスタッフの方はアルバイトではなくて、みなさん…社員なんですね?』と言うのを忘れた!」………今年の夏が冷夏になったら、細ジーニョのせいです。
2006.07.24 | 17:24 | navios | comments(2) | trackbacks(0) |
-
スポンサーサイト
2018.07.09 | 17:24 | スポンサードリンク | - | - |
久しぶりに皆さんの顔を見られて。。歌を聴けて元気になりました^^会長さんや副会長さんや可愛い娘さん。メンバーやこつさんとの会話でちょっと前向きになったかな^^
やまちゃん。。田んぼ終わったら帰ってこーーい!!
| エーデル♪ | 2006/07/26 12:59 AM |
田んぼは、ひと段落したのですが、暑いですね、最近。与野のライブの前々日には、コツさん宅にいたのですが。一日ずれてたら行けたのですが、そううまくいかないですね。スイスさんも暑さに負けず、元気になってもらって、どうしても暑くてダメな時は、細zニョにオヤジギャグをクール卓球瓶で送ってもらいましょう。では、また。明日から私は船旅です。山本
| ロンリー山本 | 2006/07/27 9:59 PM |









http://navios.jugem.jp/trackback/28
ピックアップ
最新コメント
カテゴリー
ライブのお知らせ
ただいま予定がありません。
リンク
トラックバック
プロフィール
<< October 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
過去の記事