NAVIOS BLOG

NAVIOSはブラジル音楽が好きなメンバーが集まってできたバンドです。
ブラジルに伝わる美しい音楽を大切にする一方で、ブラジル音楽にこだわらないジャンルを超えたオリジナル曲を発表しています。
ぜひNAVIOS独特の音楽世界を楽しんでください。
<< 「FIELD」のルーツ | main | NAVIOSは本州を北上中 >>
白河フォレストスプリング
第74回森と泉のコンサート/2006.3.4
 ウッディーな空間で演奏するのは気持良い!!この日のライブ会場は福島県白河のフォレストスプリング…フライフィッシング用の池等がいくつも広がる広大な敷地内にたたずむカナディアンログハウスのようなレストハウスだった。

 ドラムスはジャズシィーンで活躍している、原田氏。セッティング後の僅かなリハだけと言う状況にも関わらず、臨機応変な演奏にメンバー一同、「さすがー」の声。心地良いビートを刻んでくれた。芝理絵が居ない中、オリジナルも違った形で演奏したりで、細ジィーも新たな境地を発見したのではないだろうか。

 個人的な事になるが、チックコリアの「スペイン」の冒頭、アランフェス協奏曲のテーマを弾いている時、あ〜良い音出してるな〜と自己満足に浸っていた(^-^)。この瞬間があるから音楽をやっているようなものだ。それは年に一度あるかないかの瞬間ではあるが、麻薬のようなものだ。

 1ステージ50分、2ステージ1時間の演奏後、CDの売れ行きも好調で、まずまずの出来だったのかな?と少々甘い採点(^-^;。
 今後もこの様な機会を増やして行かなきゃなーと思っているのだが、ブッキング、営業をやってくれるマネージャーはいないものだろうか!?我こそはと思う方は是非連絡して下さい! Tetsu,Matsuda
2006.03.06 | 11:20 | navios | comments(2) | trackbacks(1) |
-
スポンサーサイト
2018.07.09 | 11:20 | スポンサードリンク | - | - |
静寂の中で、弦をつま弾く指・爪・皮の響きが空気を震わせ、芳醇な香りを醸し出しながら音楽となって人の心に入っていく。何という贅沢であろう。演奏者でしか味わえない醍醐味なのだろう。ソロの曲をヘッドホンで注意深く聴くと、息遣いが聴こえる。鼻息と呼ぶには色気がなく、吐息とも違う、次のフレーズに入る時にゆっくり大きく息を吸う音なのだが、それが好きだ。他の楽器を考えてもそれを楽しめるのは、ギターが一番かもしれない。旭川での『スペイン』も良かった。いつかまた聴けるであろうか・・・♪
| Decco | 2006/03/08 1:17 AM |
そうそう!アランフェスね!身内で誉め合うのも気が引けるけど、いつもより骨太で輪郭が際立った音だなぁって思いながら聴いてたよ。フレージングも滑らかだったし!その証拠にCD求めるお客様に「アランフェスは収録されていますか?」って訊かれてたもんね^0^それはそれとしてもnavios soundはハコ(=ステージ)がアコースティックかどうかでかなり違うんだなぁっと再認識したよねぇ。
| | 2006/03/08 1:25 AM |









http://navios.jugem.jp/trackback/16
美濃 神崎川水系 フライ釣行 
はじめまして!! 初めてトラックバックさせて頂きます。 ブログ興味深く拝見いたし
| 週末は田舎暮らし。無農薬野菜づくりとフライフィッシング | 2006/03/30 6:56 PM |
ピックアップ
最新コメント
カテゴリー
ライブのお知らせ
ただいま予定がありません。
リンク
トラックバック
プロフィール
<< August 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
過去の記事